2010年06月09日

仙台の祭り;仙台七夕まつり

仙台の祭り;仙台七夕まつりは地元では「たなばたさん」と呼ばれ親しまれています。
「仙台七夕まつり」は五節句の1つ「七夕」にちなんで例年7月7日の月遅れの8月7日を中日とする3日間に亘って開催され、杜の都仙台の夏を彩る風物詩となっています。
IMG_2540s.jpg IMG_2088s.jpg
IMG_2554s.jpg IMG_2191s.jpg

開催場所として、中央通りや一番町などのアーケード街に大規模な飾り付けがされますが、それ以外にも商店街の組織ごとの飾り付けや店舗、家庭など個別の飾りつけも市内の各地で見ることができます。

この「仙台七夕まつり」は、「青森ねぶた祭」、「秋田竿燈まつり」とともに東北の夏の3大祭りの一つに数えられ例年200万人以上の人が訪れるといわれています。

「仙台七夕まつり」の前日の8月5日夕刻に行われる「仙台七夕花火祭」は、厳密には別の祭ですが、前夜祭として定着し、仙台市中心部西の西公園や青葉山公園、仲の瀬橋、大橋、仙台城二の丸付近などが人気の場所となり、例年1万数千発といわれる花火が打ち上げられます。
IMG_2030s.jpg IMG_2035s.jpg
IMG_2026s.jpg IMG_1815s.jpg

「仙台七夕まつり」は、仙台藩祖・伊達政宗が女性の文化向上を目的として奨励したとも伝えられています。
伝統的な七夕飾りは、和紙と青竹で手作りされ、それぞれに意味があります。

 ・色紙短冊…文字を書いて学問や書道の上達を願います。
 ・紙衣…身代わりとして病や災いを取り除き、裁縫や
     手芸の上達を願います。
 ・折鶴…家族の長寿を願います。
 ・巾着…商売繁盛を願い、富貴と貯蓄を望みます。
 ・投網…豊漁や豊作を願います。
 ・くずかご…清潔と倹約の心がけを養います。
 ・吹き流し…織姫の織り糸を象徴しています。
IMG_2466s.jpg

また、定禅寺通りでは七夕伝説をもとにした「星の宵まつり」も開催されています。
IMG_2922s.jpg IMG_2623s.jpg



関連HP;歴史の街仙台・観光の街仙台
      <仙台七夕まつりのページ>
      <仙台七夕花火祭のページ>
      <七夕飾りのページ>
      <星の宵まつりのページ>

      

地図はここをクリック

posted by じゅん at 11:18| 宮城 🌁| 仙台の祭り・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。